忍者ブログ
2017 .07.26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



けっこうあちこちでリンクされている動画なので見た事のある人も多いかもしれないけど、これは海外ドラマの制作におけるキーイング(ブルーやグリーン一色のバックを切り抜いて合成する処理)の実例を集めたもの。日本でもヒットしたドラマが多いので、まったく気付かずに本編を観ていてびっくりした方も多いかと思う。

一番特徴的なのは、キーイングの処理が使われているのは「現実でも十分撮影可能」なシーンが多いという事だ。合成というと恐竜が出てきたり、宇宙を漂ったりという画面を連想するが、ここではあくまで「必要なカットを得る」ための手段としてさりげない活用がなされている。

動画系の撮影に参加した事のある方ならわかると思うが、「ごく当たり前の風景」を撮影するのはものすごく大変な事だ。まず天気はこちらの思惑などかまってはくれないし、街中であれば道路使用許可や交通規制なども必要になる。予算はもちろん、放映スケジュールが決まっているTVシリーズでは、文字通り死活問題だ(特に米国では、役者以外にスタッフのユニオンの力も強いから、無闇やたらと「待ち」の時間も増やせないのだろう)。

ツールは、それを「使いました!」という事が宣伝のタネとなるうちはまだ未熟。それが使われている事を予想だにしなかった部分にさりげなく使われるようになって、初めて一つの成熟点と言えるようになる。そして成熟点に達して初めて「手法としてのローファイ」を使う事が出来るようになる。

音楽で「ローファイ」という言葉が流行ったのはもう十数年も前だけど、その頃はCD並の音質のサンプラーがアマチュアでも十分手に入る価格となり、打ち込みオンリーでも「リアルな生音」を比較的簡単に入れられるようになった時期だ。そうした時期に、1〜2世代前の音質の荒いサンプラー(テイ・トウワなんかが使ったSP-1200が有名)を意図的に使う手法も台頭して、今やそういった意味での音質は、所有機材などではなく「作家性として」使い分けるものとなっている。

今、バーチャルボーカルの分野は(異論はあるだろうけど世間の認識として)「初音ミク」が代名詞的な存在であり、それを使っている事を商品価値とする事も(まだぎりぎり)可能な段階だ。これが例えば、バーチャルボーカルがCMソングなんかに(全くそれと気がつかない形で)使われる段階になったら、どんな状況が生み出されるだろう。現段階のVOCALOIDやUTAUの表現力の限界を、逆にものすごい武器として使える状況はいずれ間違いなくやってくる。

そういった成熟を生み出すのに最も必要なのは、「100の勝ち馬に乗る」行為ではなく「1つのチャレンジ」だ。今のように社会全体の停滞が囁かれる時期というのは、言い方を変えれば「失敗するチャンス」とも言える。皆がイケイケの時に一人失敗するのはちょっと辛いけど、全体が「失敗して当たり前」という意識になっている時期こそ、トライ&エラーで経験値やデータをためて行くにはもってこいの時期だ。

これは「ポジティブシンキング」とかそういうちょっとアレなもの(笑)ではなく、こんな好機に何もしないのはとっても損な事ですよ。
PR
Comment
Trackback
Trackback URL

Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
筆者プロフィール
音楽・映像制作、原稿執筆、レクチャー等のお問い合わせ&ご依頼は、こちらのフォームからお寄せください。


大須賀 淳(おおすが じゅん)
1975年生 福島県出身

音楽・映像制作「株式会社スタジオねこやなぎ」代表取締役。音楽・映像コンテンツ作成、雑誌「DTMマガジン」他での記事執筆、After Effects等映像系ソフトの講師も行っています。

よろしければTwitterもフォローしてください。
サイト内検索
最新コメント
[11/25 Levitra compared to cialis]
[11/25 Can provigil get you high]
[11/25 Tadalafil drug]
[11/25 Standard levitra prescription]
[11/25 Buy klonopin fedex]
携帯用サイト
Powerd by Ninja Tools
ブログの記事を共有
今すぐ使える!USTREAM配信スタイル2010
今すぐ使える!USTREAM配信スタイル2010

 スタジオねこやなぎが蓄積した120以上のUSTREAM配信アイデアから、様々な業種向けに厳選した10本を収録の電子書籍。掲載されたノウハウは、ご自身、そして皆様のお客様にむけてどんどん使用して下さい!
プロが教える!USTREAM配信〜成功7つの秘孔!〜
次回開催:2010年11月5日
日本でのサービス開始前からUSTREAM配信に取り組んできたスタジオねこやなぎが、ノウハウの蓄積から見出した「USTREAM配信成功の“秘孔”(ツボ)」をセミナーで大公開!

特別な技術は必要無し。高価な機材も必要なし。7つの秘孔をピンポイントで突けば「配信したい」と思った時点でほぼ成功間違いなしという驚きの内容がそこに!

1回限定10名のみの少人数セミナーなので、ケースバイケースの内容にもスバリ回答!お申込みはお早めにどうぞ。
詳細情報はこちら

最新ニュース
株式会社スタジオねこやなぎ

音楽・映像制作、クリエイティブ分野の原稿執筆、Ustream配信、クリエイティブ系ソフトトレーニング等、是非一度お問い合わせ下さい。
かがみうさぎ「mochirythm」


ノビ〜トルズ「ノビ〜ロード」


フリーウェア・コンシェルジュ連載中
突発性難聴記

大須賀淳・著 無料
電子書籍
※パソコン、iPad他対応

「右耳で低音が聴こえない!」 音を生業とする著者にある日突如ふりかかった「突発性難聴」という厄災。廃業の恐怖に怯えながらのプチ闘病記を初公開。
NEWS

    Page Top
    CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31