忍者ブログ
2016 .12.10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新しいblodを開設しました。↓

大須賀淳のバランス感覚

今後は新blogの方に記事をアップします。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
PR
現在、各種のお知らせなどはFacebook及びTwitterにてお知らせしています。
もしよろしければ、そちらをチェックして頂けましたら幸いです。

Facebook:大須賀淳

Twitter:jun_oosuga
まずお知らせその1。弊社スタジオねこやなぎのUSTREAM活動が、書籍に紹介されました。
 
「USTREAM配信入門」 BNN刊 1,600円 ISBN978-4-86100-739-2

日本のサービス開始前から手探りで始めたUSTREAMですが、こうして注目して頂けたのは嬉しい限りです。

そして、その過程で蓄積したノウハウやアイデアを大放出するセミナーを実施します!
セミナー「プロが教える!USTREAM配信〜成功7つの秘孔!〜」
詳細ページ:http://studionekoyanagi.jp/archives/105

日時:2010年10月 15日(金) 20日(水)
時間:13:00〜16:00(12:45開場)
会場:渋谷Creator’s District 901
東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第二ビル901号室
参加費:1人 10,000円(税込)
定員: 各日程10名(定員に達し次第、締め切ります)

↓内容については続きを読むで


↑SundFontを作ってiPhoneで鳴らそう!
実演Ustreamのアーカイブ動画

先日「bs-16i」という、iPhone/iPad等のiOS機器でSoundFont(サウンドフォント)を読み込んで演奏できるアプリが登場した。

bs-16i


ちょっと遅くなりましたが、DTMマガジン2010年10月号、発売中です。


様々な局面において「変化のスピードが速い時代」と言われる。同意できる部分もありつつ、それでは例えば終戦から復興~高度成長の時代はどうだったのか、と違和感を抱く事が多い。

敗戦直後のいたる所が焼け野原という状態、しかも国家の主権さえ抑えられた状態から、東京タワーが立つまで13年。今(2010年)から13年前の1997年といえば「もののけ姫」や「たまごっち」が流行し、神戸で酒鬼薔薇聖斗の事件があった年。今も人気の「ONE PIECE」もこの年から連載が開始。確かにかなり以前という感覚はあるが、少なくとも表面上は全く違う世界という感じはしない。

明治以降の近代というくくりで見れば、今は特段「変化のスピードが速い時代」とは呼べないだろう。今程度の変化は、言わば「ごく普通の事」なのだ。にもかかわらずネガティブなニュアンスで変化の速さが喧伝されるのは、今の時代が「衰退局面」と捉えられているからに他ならない。



ソフト名:akj Speechtools
開発元:Aki
対応環境:Win(要JAVA)
オープンソース

akjspeech

日本語で音声の読み上げが行える、オープンソースの音声合成ソフト。


VOCALOIDには初音ミクのようにキャラを設定したものの他に、「がくっぽいど」のように「中の人そのものをバーチャル化する」というコンセプトのものも存在する(がくっぽいどのコンセプトそれで良いのかな?)。

実は、これとちょっと似たようなコンセプトを30年近く前に立てていたアーティストがいる。お馴染みテクノ界の大御所、KRAFTWERK(クラフトワーク)である。



synthmania1
synthmania2
Synth Mania

アナログシンセ、デジタルシンセから、果ては一部のソフトシンセまで、古今東西の膨大な量に上るシンセのサウンドを聴く事のできるサイト。

本日は終戦記念日。自分は「戦争を知らない子供たち」である団塊のさらにJr.世代であるが、戦争と音楽に関する子供の頃の体験を一つ思い出したので、綴ってみようと思う。

小学生の頃、学校に定年間際の男性の音楽教師(以下、T先生)がいた。当時(1980年代半ば)で50代という事は、おそらく10代の時期に大戦を体験した世代だと思う。うちの小学校には5,6年生全員で構成される「鼓笛隊」があり、T先生はその指導にあたっておられた。指導はかなり厳しかったので、児童の間ではその先生を揶揄する歌がこっそり流行るような、今では少ないかもしれないタイプの「恐い先生」だったと記憶している。

ある日の音楽の授業、その日の題材はお馴染みの童謡「赤とんぼ」だった。
筆者プロフィール
音楽・映像制作、原稿執筆、レクチャー等のお問い合わせ&ご依頼は、こちらのフォームからお寄せください。


大須賀 淳(おおすが じゅん)
1975年生 福島県出身

音楽・映像制作「株式会社スタジオねこやなぎ」代表取締役。音楽・映像コンテンツ作成、雑誌「DTMマガジン」他での記事執筆、After Effects等映像系ソフトの講師も行っています。

よろしければTwitterもフォローしてください。
サイト内検索
最新コメント
[11/25 Levitra compared to cialis]
[11/25 Can provigil get you high]
[11/25 Tadalafil drug]
[11/25 Standard levitra prescription]
[11/25 Buy klonopin fedex]
携帯用サイト
Powerd by Ninja Tools
ブログの記事を共有
今すぐ使える!USTREAM配信スタイル2010
今すぐ使える!USTREAM配信スタイル2010

 スタジオねこやなぎが蓄積した120以上のUSTREAM配信アイデアから、様々な業種向けに厳選した10本を収録の電子書籍。掲載されたノウハウは、ご自身、そして皆様のお客様にむけてどんどん使用して下さい!
プロが教える!USTREAM配信〜成功7つの秘孔!〜
次回開催:2010年11月5日
日本でのサービス開始前からUSTREAM配信に取り組んできたスタジオねこやなぎが、ノウハウの蓄積から見出した「USTREAM配信成功の“秘孔”(ツボ)」をセミナーで大公開!

特別な技術は必要無し。高価な機材も必要なし。7つの秘孔をピンポイントで突けば「配信したい」と思った時点でほぼ成功間違いなしという驚きの内容がそこに!

1回限定10名のみの少人数セミナーなので、ケースバイケースの内容にもスバリ回答!お申込みはお早めにどうぞ。
詳細情報はこちら

最新ニュース
株式会社スタジオねこやなぎ

音楽・映像制作、クリエイティブ分野の原稿執筆、Ustream配信、クリエイティブ系ソフトトレーニング等、是非一度お問い合わせ下さい。
かがみうさぎ「mochirythm」


ノビ〜トルズ「ノビ〜ロード」


フリーウェア・コンシェルジュ連載中
突発性難聴記

大須賀淳・著 無料
電子書籍
※パソコン、iPad他対応

「右耳で低音が聴こえない!」 音を生業とする著者にある日突如ふりかかった「突発性難聴」という厄災。廃業の恐怖に怯えながらのプチ闘病記を初公開。
NEWS

    Page Top
    CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31