忍者ブログ
2017 .10.19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

曲の試聴はこちら。
井上陽水「リバーサイドホテル」アルバム「LION&PELICAN」収録
井上陽水「Summer」アルバム「招待状のないショー」収録

片や、1988年のドラマ「ニューヨーク恋物語」の主題歌としてリバイバルヒットした、陽水の代表曲の一つ。片や、陽水が吉田拓郎、泉谷しげる、小室等らと共に1975年に設立したフォーライフ・レコードから最初にリリースしたアルバム中の、比較的マイナーな1曲。

この2曲に共通しているのが、コルグの原始的なリズムボックス(ドンカマチック系)のパターンを下敷きに楽曲が組み立てられている点だ。

陽水使用のものと同機ではないと思われるが、同シリーズのリズムボックスはこのような代物。


ディスカバリーファームのヒストリー・オブ・コルグ というサンプリングCDには、ドンカマチックのプリセットとして「リバーサイドホテル」に使われているのと同じパターンが収録されている。その記載が正しければ、曲に使われたのは60年代後期〜70年代初期の、ドンカマチックの名が冠された比較的古いモデルと推察できる。

このドンカマチックというリズムボックスだが、オルガン演奏や酒場のギター流しのリズム伴奏として結構広く使われていたとの事。内部は完全なアナログ回路で、本格的なシンセの登場以前から存在していたようだ。かのテクノの神様KRAFTWERKは、おそらくコルグ製ではないが同種のリズムボックスを分解&改造して、スティックで演奏できる電子ドラムを自作したそうだ(出典:クラフトワーク ロボット時代)。

故・忌野清志郎が生前、エッセイで陽水と一緒に曲作りをした時のエピソード(1990年代初頭)として「曲作り用のマンションの部屋まで持っているのに、古臭いリズムボックを使っていた」といった事を書いていたと記憶している。この記述から、1975年リリースの「Summer」で使われていたリズムボックスは、少なくとも90年代まで現役であった可能性が高い。

同エッセイ中で忌野は陽水の発言として「僕は曲作りの時リズムから入らなきゃダメなんだよ」と語っていたと書いているので、長年デモ作成のツールとして愛用していたのだろう。

それを裏付けるように「Summer」は作詞作曲に加え編曲まで陽水自身とクレジットされており、完成版もデモテープ的な雰囲気を色濃く残している。収録アルバムの「招待状のないショー」全体が、小規模なスタジオで宅録にも通づる空気感を残しながら作られた作品なので、特にデモと本番という意識が無く重ねられたテイクが基になっているのかもしれない。

ドンカマチック系リズムボックスのパターンはラテン系のものが多く、実際「Summer」は南洋を想起させる雰囲気に仕上がっている。他の楽器でリズムを差し替えるより的確な選択と言えるだろう。小品ながら、リズムボックスの本質を捉えた名曲と言える。

一方「リバーサイドホテル」は、淡々と続く一定のリズムが、言い知れぬ背徳感や緊張感を醸し出し、異様な耽美性を湛えたトラックに仕上がっている。この曲もおそらくデモ段階からのリズムボックスを残したと思われるが、アレンジャーの星勝によりそこにダビングされたギミックの数々には筆舌に尽くせぬ程のセンスが感じられる。

筆者はまだあまり音楽的知識の無い中学生当時、曲中に現れては消える浮遊したサウンドはシンセによるものだと思っていた。だが、ある程度楽器の知識を得た後に再び分析すると、その大部分はギターの技巧的な演奏とエレピによるものだと気付いた。奏法、フレーズ、エフェクト、ミックス各々のさじ加減により、通常のギターサウンドからはなかなか連想できない工芸品的なサウンドが形成されていたのだ。

「リバーサイドホテル」というと、カラオケでよく歌われるシュールでちょっとエロい歌詞の曲、という認識が大勢だと思うが、スタジオワーク&アレンジの逸品として是非とも分析して頂きたい。聴き込む程に驚かされる要素に溢れているはずだ。

双方ともコルグ製リズムマシンのパターンをベースにした「Summer」と「リバーサイドホテル」という2曲。こうした観点で聴いてみると、またさらに何倍も違う味わいを得られるはずだ。

PR
Comment
1
とても新鮮な気持ちで聴き込んでしまいました。
井上陽水のリズムボックスの話、たいへん興味深く拝読いたしました。
忌野清志郎の記述も知っていましたが、具体的にどこでどんなふうに使用されていたかは考えることもしませんでした。
今あらためて「Summer」「リバーサイドホテル」繰り返し聴いて味わっています。
おもしろい着眼点ですね。陽水の曲を益々深く楽しめます。ありがとうございました。

2
re:とても新鮮な気持ちで聴き込んでしまいました。
コメントありがとうございます。陽水の楽曲はバックの演奏も非常にハイレベルかつ興味深いものが多いので、このテーマで本になる位のネタがありそうです。今後も陽水ネタが多くなると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

Trackback
Trackback URL

Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
筆者プロフィール
音楽・映像制作、原稿執筆、レクチャー等のお問い合わせ&ご依頼は、こちらのフォームからお寄せください。


大須賀 淳(おおすが じゅん)
1975年生 福島県出身

音楽・映像制作「株式会社スタジオねこやなぎ」代表取締役。音楽・映像コンテンツ作成、雑誌「DTMマガジン」他での記事執筆、After Effects等映像系ソフトの講師も行っています。

よろしければTwitterもフォローしてください。
サイト内検索
最新コメント
[11/25 Levitra compared to cialis]
[11/25 Can provigil get you high]
[11/25 Tadalafil drug]
[11/25 Standard levitra prescription]
[11/25 Buy klonopin fedex]
携帯用サイト
Powerd by Ninja Tools
ブログの記事を共有
今すぐ使える!USTREAM配信スタイル2010
今すぐ使える!USTREAM配信スタイル2010

 スタジオねこやなぎが蓄積した120以上のUSTREAM配信アイデアから、様々な業種向けに厳選した10本を収録の電子書籍。掲載されたノウハウは、ご自身、そして皆様のお客様にむけてどんどん使用して下さい!
プロが教える!USTREAM配信〜成功7つの秘孔!〜
次回開催:2010年11月5日
日本でのサービス開始前からUSTREAM配信に取り組んできたスタジオねこやなぎが、ノウハウの蓄積から見出した「USTREAM配信成功の“秘孔”(ツボ)」をセミナーで大公開!

特別な技術は必要無し。高価な機材も必要なし。7つの秘孔をピンポイントで突けば「配信したい」と思った時点でほぼ成功間違いなしという驚きの内容がそこに!

1回限定10名のみの少人数セミナーなので、ケースバイケースの内容にもスバリ回答!お申込みはお早めにどうぞ。
詳細情報はこちら

最新ニュース
株式会社スタジオねこやなぎ

音楽・映像制作、クリエイティブ分野の原稿執筆、Ustream配信、クリエイティブ系ソフトトレーニング等、是非一度お問い合わせ下さい。
かがみうさぎ「mochirythm」


ノビ〜トルズ「ノビ〜ロード」


フリーウェア・コンシェルジュ連載中
突発性難聴記

大須賀淳・著 無料
電子書籍
※パソコン、iPad他対応

「右耳で低音が聴こえない!」 音を生業とする著者にある日突如ふりかかった「突発性難聴」という厄災。廃業の恐怖に怯えながらのプチ闘病記を初公開。
NEWS

    Page Top
    CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31