忍者ブログ
2017 .10.19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KORGのERECTRIBEやPropellerheadsのRB-338を筆頭に、音楽用ソフトがどんどんiPhone/iPad向けに流れ込んで行ってる。なんだかちょっと、10年くらい前にすごい勢いでソフトウェア化が進んだ時の模様が思い出されて、非常に感慨深いものがある。

この状況は喜ばしいものの、一つ問題となるのが、iPhone/iPadのオーディオ的な質。コンシューマ向けのリスニングデバイスとしては全然問題無いけど、楽器としてもう一段上の存在を目指すなら、これから避けて通れない問題である事は間違いない。Appleが楽器/DTM機材向けにカスタムされた機種を出す事はまず無いだろうし、拡張デバイスとしてオーディオインターフェースは絶対出るだろうけど、電源部分や筐体の造りから楽器向けに特化されたデバイスが欲しい所。

そこで、各メーカーさんに提案。そこそこの音質を持って低レイテンシーのオーディオインターフェースを内蔵した「Android端末」(電話機能はいらない)をどこか作って頂けないだろうか?これが出来ると、ここ数年売れ筋だったDTM系のハード、例えばKORGのKAOSSIRATORや、ROLANDのフィールドレコーダーR-**シリーズなんかの市場はごっそり持っていける気がする(もちろん、ハード製作能力のあるこれらのメーカーが端末を作っても良いし)。

現状のシェア以外でApple製品の良い所は、ハード仕様が統一されている事でソフト開発がし易いという所。だけど、逆にニッチ分野に特化したハードは拡張デバイス以外では作れないという弱点もある。その点、Androidは自由にハードが作れる魅力がある。価格がApple製品より少し高くなっても、その中で無数のソフトが走れば割高感は無い。

画面の解像度とかはiPhone/iPadと同一にしちゃってかまわない。iPhone向けアプリをAndroidに移植するのは簡単なはずだから、iPhoneのシェアによる売上と、特化されたデバイスでの売上という拡大が望め、ベンダーにとっても非常に魅力的なはず。

同じ事はDTM分野以外でも色々と鉱脈がありそうだけど、はたしてどういう流れになって行くか?今後が楽しみ。
PR
Comment
1
おひさしぶりです
どうも、こんばんは。

DTM分野にはあまり明るくないのですが、最近流行のiPodからデジタルで音を取り出す製品を活用できないもんですかね?オンキョーのこれ
http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/premiumcompact/nrx/nds1/index.htm
みたいな。

iPad向けに小型・薄型化して、ついでにKORGのこれ
http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/nano/
みたいなフィジカルコントローラーつけたりして。

iPadのフィーバーぶり(アッチの話しですが)をみていると、サードパーティーが面白いもん作ってくれるんじゃないか?という期待をもってしまいます。

ところで、最近KAOSSILATOR PROに惹かれているんですが、どうですか?あれ?

2
無題
Androidではプログラミング言語がレイテンシーの壁を乗り越えられないため音楽系アプリケーションは難しいということです。いくらマシンが速くても、アプリで遅延が発生すればどうしようもないです。
むしろWindows 7 phoneあたりに期待してはどうでしょう。

Trackback
Trackback URL

Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
筆者プロフィール
音楽・映像制作、原稿執筆、レクチャー等のお問い合わせ&ご依頼は、こちらのフォームからお寄せください。


大須賀 淳(おおすが じゅん)
1975年生 福島県出身

音楽・映像制作「株式会社スタジオねこやなぎ」代表取締役。音楽・映像コンテンツ作成、雑誌「DTMマガジン」他での記事執筆、After Effects等映像系ソフトの講師も行っています。

よろしければTwitterもフォローしてください。
サイト内検索
最新コメント
[11/25 Levitra compared to cialis]
[11/25 Can provigil get you high]
[11/25 Tadalafil drug]
[11/25 Standard levitra prescription]
[11/25 Buy klonopin fedex]
携帯用サイト
Powerd by Ninja Tools
ブログの記事を共有
今すぐ使える!USTREAM配信スタイル2010
今すぐ使える!USTREAM配信スタイル2010

 スタジオねこやなぎが蓄積した120以上のUSTREAM配信アイデアから、様々な業種向けに厳選した10本を収録の電子書籍。掲載されたノウハウは、ご自身、そして皆様のお客様にむけてどんどん使用して下さい!
プロが教える!USTREAM配信〜成功7つの秘孔!〜
次回開催:2010年11月5日
日本でのサービス開始前からUSTREAM配信に取り組んできたスタジオねこやなぎが、ノウハウの蓄積から見出した「USTREAM配信成功の“秘孔”(ツボ)」をセミナーで大公開!

特別な技術は必要無し。高価な機材も必要なし。7つの秘孔をピンポイントで突けば「配信したい」と思った時点でほぼ成功間違いなしという驚きの内容がそこに!

1回限定10名のみの少人数セミナーなので、ケースバイケースの内容にもスバリ回答!お申込みはお早めにどうぞ。
詳細情報はこちら

最新ニュース
株式会社スタジオねこやなぎ

音楽・映像制作、クリエイティブ分野の原稿執筆、Ustream配信、クリエイティブ系ソフトトレーニング等、是非一度お問い合わせ下さい。
かがみうさぎ「mochirythm」


ノビ〜トルズ「ノビ〜ロード」


フリーウェア・コンシェルジュ連載中
突発性難聴記

大須賀淳・著 無料
電子書籍
※パソコン、iPad他対応

「右耳で低音が聴こえない!」 音を生業とする著者にある日突如ふりかかった「突発性難聴」という厄災。廃業の恐怖に怯えながらのプチ闘病記を初公開。
NEWS

    Page Top
    CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31